今日のおすすめ → ココ!

投稿者:無し (ID:lC5RyN7ranY)

No.06629 投稿日時:2013-09-27 01:23:40

ビヤガーデンで「暑気払い」をやった。
その時、隣の席に後輩の彼女(K子)が座った。
K子は、ミス○○に選ばれた美人だ。
後輩の彼女なので、あまり関わらないよう、反対側の人とばかり話をした。
かなり酔っぱらった頃、突然K子が絡み出した。
「実はね~~、あたしFさん(俺のこと)のファンなんだよね~~~」と言ってきた。
冗談だと思い、カマをかけてみた。
K子の耳元で「じゃ~、これからホテル行ってHすっか?」というと、「いいよ」と返事がかえってきた。

ホテルの部屋に入るなり、お互い服を一気に脱いで絡みあった。
K子の肌がふやけるまで数時間舐め続けた。
臭い穴まで貪るように舐めると、「はずかしいっ!!!気持ちいいっ!!!」と絶叫して跳ね跳んだ。
愉しむように女体を味わいつくし、K子は何度も朽ち果てた。
後輩には悪い気がしたが、今後はK子を調教することにした・・・

投稿者:F (ID:zBOj60IeDKo)

No.06484 投稿日時:2013-02-16 19:26:25

高校生の頃、海の家でアルバイトしました。

勧誘はナンパも同然。

歩いてくる女の子のみ声を早く掛けたもんがちでした。

夏も進むと大体海の家はリピート客で埋まります。

それが二回・三回とひと夏であると会話もはずみ、いつの間に

か顔見知りへと変わるのです。

ひと夏に3人ですが食べました。(17歳だったら十分でしょう。)

その時に年上女性の魅力を知り、30超えるまでは年上女性にしか興味をもてず、付き合ってきました。

皆さん海の家のアルバイトはお勧めですよ。

時給は安いが良い思いします。

6月の着工している時に、経営者が現場に居たりします。

その時に声を掛けたりすると、募集するつもりだったとか言わ

れ、よほど変でなければ採用してくれます。

そんな方法で一度入れば来年も再来年も大学生までできますか

らお試しあれ。

投稿者:タカ (ID:QIe9YshZFgg)

No.06477 投稿日時:2013-01-06 00:59:28

小学4年の夏休みに田舎の婆ちゃん家に遊びに行った時です。
村外れの河原で遊んでると知らないお兄さんにレイプされました。
最初は痛くて激しく抵抗してのですが、次第に気持ち良くなってきていつの間にか悶えながら自分でも腰を振ってました。
1週間、毎日この知らないお兄さんとSEXし、キス、アナル舐め、フェラチオ、顔射、飲精、中出しアナルSEXを仕込まれました。
あの快楽が忘れられず、ゲイの道に入りました。

投稿者:kuro (ID:3.MCzsanC8c)

No.06476 投稿日時:2012-05-29 00:49:05

バイト先で知り合った50代のおばさんとの体験です。見た目は童顔で、可愛らしい感じで身長は低めで胸はCぐらいでした。ある日、ドライブに行くことになり、夕飯を済ませた後人気のない公園にいきました。そこでハグをしたりキスをしているうちにムラムラしてきて、思い切って胸を触ったら抵抗もされず、逆に触ってきました。我慢できなくなり、公園で手コキをさせ舐めさせ、口の中にたっぷり射精しました。入れることは出来なかったので、また機会があれば必ず挿入しようと思います。

投稿者:あき (ID:AUSGI60K34k)

No.06475 投稿日時:2012-01-15 19:56:17

僕が高校3年生のときの体験です。当時、僕が在籍していた部活にはアカネという2年後輩がいました。僕のことを何かと慕ってくれるかわいい女の子でしたが、彼女は大変な巨乳の持ち主でした。普通に歩いているだけで制服の胸の部分がプルンプルン震えているのがはっきりわかるほど大きいのです。バストサイズは90近くはあったと思います。ヤリタイ盛りだった僕は毎日彼女をオカズにしてしごいていましたが、なかなかタイミングというかきっかけをつかめず「先輩後輩」以上の関係になれませんでした。
 9月半ばの真夏のように暑い日、体育祭が行われました。僕はこの日が来るのをとても楽しみにしていました。アカネの体操服姿を見られるからです。学年が違うため制服以外の格好をしているアカネを見るのは初めてでした。初めて見る体操服姿のアカネは想像以上でした。白いシャツはふたつのふくらみで大きく盛り上がり、緑色の短パンもムチムチ、はちきれんばかりでした。彼女が何か競技に参加しただけで男子生徒はおろか男性教師までアカネに視線を走らせる有様でした。
 体育祭のプログラムが中盤に差し掛かったころでした。

投稿者:性春の10代 (ID:Wojf6nReT0Q)

No.06474 投稿日時:2011-08-17 17:12:38

美代が12歳のバージンの体を開いて、私を受け入れてくれた当時
まだ生理もなかったが、胸が幾らか膨らみ始めていたと思う。美代のオマンコはまだ、ヘアーもなくパイパンだった。両脚を開いてオマンコに吸い付くと、美代は「あ〜恥ずかしい・・いやだ・・そんなに・・あ〜ん」、幼いながらも舐め上げた時に喘ぎ悶えるようだった。「入れるよ・・」と私が言った時、美代は目を閉じ、ペニスの挿入を待っている様だった、奥までゆっくりと押し開く様にして美代の中に挿入し、ピストンをしたのだが、何分もしないで美代の中に精液をだしてしまった。少し挿入したままでいてあげてから、ゆっくりとペニスを抜いて、美代のオマンコがやはり出血をしていたので、美代を抱き上げお風呂場にいき、美代のオマンコを水で流すようにして綺麗に洗浄してやった後、自分のペニスを洗った。そして美代をまた抱き上げ布団に寝かせ、膨らみ始めたオッパイを吸い揉んだ。

 数日後美代が遊びにきて「家に来ない、誰もいないから」と言い、
美代の方が積極的だった、座布団を縦に数枚並べ、美代がそこで裸になった私のペニスも上を向き始めていた、、美代と軽くキスをしてから、両脚を開いてパイパンのオマンコに吸い付いてから、ペニスを挿入した、「まだ、少し痛いの、そっとして」と言い、ゆっくりとピストンをした、美代は幼いながらもペニスを挿入され一つになる感覚に目覚めていたと思う、私も精液が出てしまうのを我慢してゆっくりとピストンをして、どの位もったのか覚えてないが、それほど長くはもたなかったと思う、美代の中に精液を出すと、美代も「あ〜」と声を挙げていた。私の中学2年の夏休みだった。
 
 美代の中に精液を放出したのが刺激になったのだろうか、美代は夏休みの終わる頃に、初潮があったと言っていた。その頃は、母も中出しをさせてくれた、そして保健の恵理先生ともあった、そして美代と3人の女性の中に精液を中出しをさせてもらっていた。

投稿者:性春の10代 (ID:4awbm6fV1Qw)

No.06473 投稿日時:2011-07-31 12:31:52

私にプライベートレッスンをしてくれた、保健の田島恵理先生の
家に一度だけ連れて行ってもらった事がありました。先生は毎日バスで学校に通勤していたのは知ってました。郊外にあるアパートで
静かな環境の所でした。

 その日が先生と最後に抱き合った日だったと思います。先生は私と最初にあった日から何となく気になる生徒だったといい、従順そうな生徒で、保健室の清掃に来る様になってから、用を頼んでも素直に応じ、「この子を抱きしめてあげたい、体を開いて教えてあげたい」と思う様になったと言い、私が頭痛とかで、保健室に一人で
きたりすると、私の額に自分の額を当ててとかして、私の関心を引く様にしたそうです。他の生徒がいない時間だと、白衣を脱ぎ、ブラウスのボタンの上二つを外し、ブラジャーが少し見え胸の谷間が見える様にわざとしたりして、私の関心を引く様に仕向けたそうです。オッパイを最初に見てしまったのも、先生がわざとがったそうで、あの日前の時間、外で体育の授業があり、元気な声が聞こえて
いたが、次の時間が静かなので、外を見たそうで、その時私が、渡り廊下を歩いてくるのがわかり、わざと上半身裸になり見せる様に
して、オッパイを吸わせてあげようと決めたそうです。

 その日恵理先生と、駅で待ち合わせ、連れて行ってくれたのです。部屋に入るとすぐに抱きしめられキスをして、先生とシャワー
をしてからベッドに入り、その白い綺麗な裸をベッドに横たえ、
「佐伯君、先生からもう教えることもなさそうね、しっかり大人になったし、3年になったら勉強を頑張るのよ・・今日は先生をあげるから抱いて・・オッパイ吸うのが好きなんでしょう、いっぱい吸って、キスマークもつけてもいいのよ・・・今日は恵理って呼んで愛してね」と言われ、その日は先生と午前中から激しいセックスで
、体位も教えられたのです、先生のオマンコも舐めさせてもらいました。薄く手入れをしたヘアーで、オマンコの周りも産毛の様に薄いヘアーでした、可愛く喘ぎ悶える先生を抱いて、一日セックスをしたのです。「もっと強く突き上げて!・・もっとオマンコして・・もっとハメテ・・」とても普段の先生からは想像できませんでした。精液は全て中出しをさせてもらい、途中お昼を挟んで、休憩後再開、先生のオッパイもキスマークだらけにして、大腿部の内股にもキスマークだらけで、回数もどの位したのか、覚えておりませんが、途中で休みながらしたり、先生と重なり挿入したまま休憩みたいにしたりもありました。「洋介ステキよ、あ〜私もうだめよ・・すごいわこんなにセックスしたの初めてよ」といい、抱きついてキスをされ舌を絡めた長いキスでした。ベッドで二人して横になると、左右の乳首を交互に含ませオッパイを吸わせてくれました。「赤ちゃんみたいね、可愛いわ、恵理のオッパイ美味しい・・いっぱい吸っていいわよ・・恵理のオッパイを思い出にして」といい、優しく抱きしめオッパイを吸わせてもらったのです。

投稿者:性春の10代 (ID:C/0uPDu22mY)

No.06472 投稿日時:2011-07-28 15:24:28

中2の夏休み中、保健の先生と密かに公務員室の裏に見つけた部屋で会った思い出があります。あの日は午前中だったと思いますが、43年前のことですが、記憶の限りに告白したいと思います。

 密かに公務員室の裏に行き、立ち木の後ろに周り塀の隙間から引き戸の出入り口を開けて入ると、すでに先生が来ていたのですが、その部屋は当然暑いので、もうスリップ一枚になり、乳首の先が透けて見え、薄いヘアーも見えて、畳みの上にタオルが敷いてありました。急いで裸になり、先生とキスをしましたが、ぎこちなく先生のリードで舌を絡め吸いあいながら、スリップを両肩からずらして両腕からも抜き、先生をタオルの上に仰向けにした時、公務員室から数人の声が聞こえ、先生の上に重なったまま静かにしてました、どうやら、部活関係の男性教師と思いましたが、そのうち女性の声も聞こえ、少しすると悩ましい女性の声が聞こえ、先生と顔を見合わせたのです。「あっあっ、こんな場所で・・見つかりますよ・・あん、・・・」とあきらかにエッチなことを始めたみたいでしたが
「保健室に行きましょう、あそこならベッドもありますし」と女性の方が言った様で、、少しして保健室にいった様で、先生もホットして「ここで、よかったわね!」と言い、「オッパイ吸って」と抱きしめ乳首を含ませながら「・・・あの声はもしかして!」といい
私は先生のオッパイを夢中で吸い、そして下半身にずれ、正常位の様になって、重なりペニスを先生の中に挿入したのです。「あっ・・硬いわ・・もっと突いていいわよ・・ねえ先生でなくて、恵理って呼んで」といい、「恵理すごく気持ちいい・・あっあっ」
「いいわ・・ステキよ上達したわね・・リズムをつけて・・そういいわ・・バックにして、教えたでしょう、」先生が四つんばいになって、お尻を高くして、後ろから挿入し突き上げ「あ〜いいわ・
・・もっと強く突いて・・子宮に感じるの」とい、激しく突き上げて、私もそんなにまだ長く保つほど、テクニックはありませんでしたから、「恵理出そうだ」といい、「もう少し頑張って」と言われ、少しピストンを弱くして、「恵理の中すごくいいから、出ちゃう」と言い「いいわ、そのまま出して」といい、バックのまま子宮をめがけ精液を中出しでした。

 少しの間挿入したままでいてから、抜き去り横になって乳首に吸い付きオッパイを吸い揉んだのです。「恵理の中にずっと中出しをしているけど、大丈夫なの?」・・「あんしんなさい、避妊リングってまだ知らないわよね・・膣の奥にリングを挿入してあるの、それなら、妊娠を防げるのよ・・解らないでしょう」と教えてくれたのです。「ねえ、約束して、3年生になれば、受験勉強に補修授業も始まるから、こうして会うのも難しくなるの、だから今は先生の中にいっぱい精液を出させてあげるから、勉強もしっかり頑張るのよ・・それと、このことは二人の秘密よ、佐伯君に勉強をしっかりしてもらうためのプレゼントよ・・時々は保健室に顔を見せにきてね」と言い、その日は先生と汗だくで抱き合い、オッパイを赤ちゃんの様に吸わせてもらい、夕方まで裸のままで抱き合っていたのです。

投稿者:性春の10代 (ID:BzFg.X2VCgA)

No.06471 投稿日時:2011-07-26 14:56:37

2学期が始まってから、ある日保健の先生と隠れて合った場所が学校内の公務員室(用務員室)で、工具などの倉庫の様でした。先生と奥に入った時、その奥に引き戸があり、ちょっと見ただけでは、解りませんでした。他の生徒に見つからない様に思い、入り込んでたまたま見つけた場所でした。
 引き戸を開けると、障子がありその奥に和室があったのです。引き戸を閉め中に入り、和室に入りました、綺麗な和室で4畳半位の部屋だったと思います。先生が「昔は用務員さんが家族で住む様にになっていたから、その当時の部屋ね」と言ってました。

 表からは見えず、その部屋は窓が北にあるだけで、少し高めの位置にありしかも曇りガラスでした、押入れがありましたが、布団はありませんでした、そしてもう一つの引き戸らしき戸があり、宿直室の裏に出られる様になってました。
 先生と周りが静かになるのを待ちながら、自然と抱き合い服を脱がせあって、何もない畳の上で、先生も私も裸になり、先生の上に重なり合い、キスをしてから、オッパイを吸いオマンコを開いて、「先生舐めてもいい」と聞くと「舐めなくても入れられるわよ、先生の中に来て」といい、ペニスを先生が入り口に当て「来て」といい、私を迎え入れ先生の中にペニスが全部収まり、ゆっくりとピストンをして強弱をつけると「こんなのいつのまに覚えたの」といい「上手になったわね、どこで覚えたのかしら」といい、「そういいわ・・・もっと先生を突いて」と下から私を抱きしめキスをして、先生の中でペニスが更に硬くなる様に突き上げ、先生が強く抱きしめ「あーすごいわ」と膣も締めがきつくなり、気持ちよくなり「先生出ちゃう」と言って、先生に中出しをしたのです。

 先生に抱きしめられオッパイを吸わせてもらい、しばらく休んでから服をつけ、そっとその部屋から宿直室の裏に出て、先生と学校を抜け出る様にして、他の人達に見つからない様に注意しながら、先生と手を繋ぎ、足早に学校から遠ざかる様にしたのです。
 公務員室の奥の部屋で先生と何回か密かに抱き合ったのです。
先生の密かな「プライベートレッスン」でした。

投稿者:性春の10代 (ID:sR.fjKD0wjo)

No.06470 投稿日時:2011-07-24 17:39:49

保健の先生と関係した頃、夏休み中だった、昼寝をするので、母が添い寝をして胸の前を開き、ブラジャーをずらし左右の乳首を交互に含ませオッパイを吸わせてくれたのだが、この時、母と仲のいい近所の奥さんに見られてしまったようだった。

 ある日母が留守だった日、その奥さんがやってきた時、「お母さんのオッパイは美味しい?」と私に言い、その意味が解らず、私に
「おばさんのオッパイも吸わせてあげようか」と言われ、おばさんが、私が母のオッパイを吸っているのを見たと言った。もう言葉もなく「おばさんの家にくる、オッパイを吸って・・・お母さん留守なんでしょう、布団敷いて待っているからきて」と言われ、おばさんが帰っていった。

 近所なので、裏から行くと「上がって」と言い、私を奥の部屋に呼び、そこには布団が敷かれ枕を二つ並べ、ティッシュも置かれていた。おばさんは服を脱ぎ始め、「洋ちゃん早く脱いで」と言い、
おばさんは全裸になった、形のいい大きめのオッパイで、ヘアーは薄くオマンコが見える。布団に入るとおばさんが乳首を含ませてきた、「おかあさんみたいに吸って」といい、左右の乳首を含ませオッパイを吸わせ、仰向けになり、「舐めていいのよ」と両脚を開いてオマンコも開いて見せてくれた、綺麗なピンク色だった、夢中でオマンコに吸い付いていた、交代でペニスを咥え舐めてくれた、「洋ちゃん入れて」と正常位になって、おばさんの中に挿入した、何ともいえない締め付けで、気持ちよくて「おばさん出ちゃう」と
といった、「いいわよ出して、若いわねすごく硬いわ・・・でも抜かないでね」といい、挿入したままでおばさんに強く抱きしめられ、「まだ出きるでしょう、もっとして」と言われ、2回戦になっっておばさんが上になる騎乗位で、下からオッパイをもみ上げてから、起き上がり座位でキスして強く抱きしめられ、「オッパイを吸って」といい、乳首に吸い付きオッパイを吸い揉み、おばさんがノケゾリ「あー感じちゃう」と声を挙げた、ペニスが締め付けられた、名器のオマンコだったと思う。この時12歳の娘に見られていたのだが、それに気がつかず、おばさんとセックスに夢中になっていた。

 それから数日後のある日、娘が遊びにきた、以前から、マセテいるとは思っていた、私の前で、スカートの奥が見える様にするのもあり、胸も膨らみ始めたようだった、まだブラジャーをしていなかったので、乳首の先が透けて見えても平気だった、母親に似て発達のいいオッパイの様だった。「ねえ、この前おかあさんとエッチな事をしてたでしょう、見ちゃった」といった。もうビックリだったまさか見られていたなんて、そして「ねえ、家に来ない、今日は誰もいないから・・・」、名前は美代で、体はもう大人に近い様な
感じに見えた。「誰にも言わないでよ」と私がいい、美代も「言わないよ、ねえ来るでしょう」、私は美代と裏から入り鍵を閉めた「お母さん鍵もしないでしているんだもの」と言い、美代の部屋に入るとすぐに服を脱ぎ裸になりベッドに入ると、「お母さんみたいにして」と言い、美代のヘアーがないパイパンのオマンコに吸い付き舐めてやると「すごい!あ〜そんなに舐めるの」と仰け反った。
そして両脚の間に入りペニスの挿入を始めた、ゆっくりと奥に挿入する「あー痛い・・そっと入れて」舐めてあったので挿入はスムーズだったが、美代は処女の様に思えた、ゆっくりとペニスを奥まで挿入した、美代が「あん・・あん・・」と可愛い声を挙げた、美代に重なり抱きしめた、オッパイが間でつぶれ、美代も抱きついてきた、「私洋ちゃんが初めて、処女なの」と言った。「痛い?」と聞くと「うん、でもいいよ、洋ちゃんなら処女を挙げてもいいと思っていたし、ねえ・・母さんみたいに突いて」といい、ゆっくりと美代を突き上げ、精液を美代の中に放出した。しばらく挿入したままでいてやり、ゆっくりとペニスを抜き去った後、オマンコを綺麗に拭いてやり、美代のオッパイを吸い揉んでやった。

 ひと夏の経験だったが、まさか親子として、その娘の処女をもらうとは思わなかった。美代はその後も遊びにきて、オッパイを吸ってやったりもして、ペニスの挿入も許して、精液を出させてもらった。母親とは一回限りだった。

PAGE:1/6 THREAD:59(1-10)
< PREV123456LAST
NEWS
2017-11-05 00:00:00

無修正動画
2017-05-05 00:00:00

女子高生動画
2017-11-03 00:00:00

素人動画