今日のおすすめ → ココ!

投稿者:勇 (ID:UzS7dIJPNuM)

No.06983 投稿日時:2018-07-05 22:19:10

高2だから、早くはないよね・・・
自分は、女の子には、恵まれてたと思うけど、入れる事
出来なかった、入らなかった・・・
高校は田舎にあって、進学校だったから昼間は
学校と勉強の生活でした
中出しは、この前の春休みで、町の高校に行ってる
中学の時の、同級の女の子でした
そうして、やっと今突き合ってる子の破瓜に成功しました。
最初は、教えてもらうのが大切なんだと、思っています
中学の頃、定期テストの時は一週間前から、夜、
近所の多恵子が、窓超しに勉強に来ていました
僕も、好きでした、
好奇心の激しい僕で、パンツを取り、乗りましたが
入りませんでした・・・・
クンニ?と云うですかね、夢中でした・・・・
でも、綺麗だと思いました
高校になって、メル友の美智と、ホテルに
入ったのに、痛い、イタいと、入れられませんでした
それから、高1の夏、ピアノの練習で講堂で
康子と二人になり、乳を揉みましたが目をつむり
受け入れて呉れて、͡小部屋に連れて行きました
指で愛撫もしました でも、入れられませんでした
・・・・・・ この前、春休み・・・
中学のクラス会の連絡で頼みたい事が有るから、来てほしいと
町の高校に行って居る數子から、電話があり家に行きました
 クラス会の事や、友達、学校の事いろいろ話は済んで、
夜になってました
男と女ですもの・・・・、
彼女は、足をくずして座るし、
僕はミニの中に目がゆき・・・
僕は、ヅボンの前を隠してました
話が、カラオケ店や、王様ゲームになって、限界でした
家には、父、母、妹がテレビを見ていました
 「出た所の、納屋で待っててぇ・・」
萱や農具が納めてある小屋です
數子が来ると、抱きついて、積み上げてある干し草の上に
押し倒して、僕の上に乗りました
 「女だって、したいのょ・・・」
ミニの下には、何も付けてませんでした
一回目は、數子がリードて僕は寝てるだけでした
 「よかった・・・、あなたは?・・・」
 「見ていいわょ・・、もう一度して、いいわょ・・、」

[1] Re:教えて・・・もらって

投稿者:勇 (ID:UzS7dIJPNuM)

No.06984 投稿日時:2018-07-06 08:50:25

數子は背は低く、太り気味な子でした
でも、そこは今までのおなごと違い、毛が多く
アワビそっくりでした・・・・
陰唇と言うの?・・・毛の中に出て開いてる様でした
自分のチンコを手で持って、中を突いて見ました白い
白い液体が出ます・・・・
さっき出した精液でしょうかね・・・・
汗を拭くのに首に掛けていたタオルで拭いて
2~3回、突いて見ました・・・
谷間に沿って下から上に突けば、入る事を知りました
友達は、07する方が、気持ちいいょ・・・、なんて
云ってましたが・・・、コンニャクに入れるより
暖かくて、突くたびに体を右に左に動かし狂う
數子を見るのは、感激で趣味有りました
 「數子・・・、有難う・・・、ず~と、交際してくれょ~」
 「いいわよ、私には彼がいるよ・・内緒にね・・」
おんなのあそこ、動くんだと知りました
我慢出来ず二度目を噴出して、小さくならないチンコを
入れたまま、抱き合って話をしました。
 「今、生理の中間で、妊娠する時期なんよ・・・」
 「・・・・」
アフターピルのある事や、ロストの時女の子を、   
 「泣かせては、だめよ・・・」
色々な事おしわりました
數子をしっかり抱いて夢中で、腰をスライドしました
數子も、時々腰を突き上げて抱いてくれました
07より感激でした・・・・
三度目を出して、じっと寝たままの數子のおまんこを
拭いてました・・・・
義務的にでなくて、「また、させてね・・」との
気持でした

[2] Re:教えて・・・もらって

投稿者:勇 (ID:NAE3NqcBZOI)

No.06985 投稿日時:2018-07-08 11:08:00

何時もゴムは使わず、中出しです
どうしてなのか、習慣です
最初はキツイ所に、出す感覚が気持ちいいと、思ってました
今は日に日に綺麗になる恵美を見てると、精液は膣壁から
恵美の体内に入ってる気がして、
恵美とつながってる気がして、愛を感じます
恵美は一学年下で、同じ部活に来た子でした
生物班で、昆虫や草花の採集など、手伝ってます
數子に教わって、挿入したのは3ケ月前です
ニキビもあった面も、白く、ちょっと綺麗になりました
乳も大きくなってるようです
教えられた様に、ドラグストアーでフェミニーナを買って
山で、最初は強引だったかもしれません
でも、今は「私の運命の人」と、友達に云ってるらしい
痛く無かった~・・・、と、場所を選ばず応じて呉れます
避妊はフェラの時、殺精子剤を入れてます。
數子の時も、何もなくつながり、出します
突く度に、エビになり、苦しみ抱き着き、死ぬ死ぬと言います
そうして、ふにゃふにゃのタコになります
最初は、本当に、死んだのか?と、思いました
突く度に、変わる女を見るの素晴らしいです

投稿者:パパ (ID:YSSid10U1so)

No.06961 投稿日時:2016-09-10 15:28:00

話を聞くともと彼氏だった、遠距離だから会うのは、年末年始、ゴールデンウィーク、だけど会う時はやりまくりだった 別れきれずに居た 愛のないセックスだった 別れさせてあげる、それと俺が女磨きをしてあげると持ち掛けた所OKしてくれた 彼氏は作らない様にいった しかし時間がなかなか取れずに居たら遠距離とも、別れ彼氏が出来ていた 久々に会って女磨きを始めるこをつたえたところ、彼氏がいる事が分かった 彼氏は多分了解してくれないからと言う事で うそをつかせる事にした すでに女磨きに入っていて、sexもしていてパパに怒られたので戻って来いと言われたと嘘をつかせ別れさせた いよいよ女磨きが始まった まずは服装、化粧、アクセサリーなどを身に付けるなどさせた そして食事や飲みに行ったりした 二ヶ月が経ち、いよいよセックス調教の始まりますだ

投稿者:パパ (ID:YSSid10U1so)

No.06959 投稿日時:2016-09-10 12:36:48

あゆみ(23歳)と初めて会ったのは2年前 あゆみは昼間は食品会社に勤めていた 夜はスナックでのアルバイト、 でも女としての魅力はあまりなかった 彼氏もいなかった事もありお化粧もイマイチ ずっとそのままときが経ち 今年の6月バックからタバコを吸う取り出してた時中からオシッコをかけて妊娠を調べる紙が出てきた 続く

投稿者:高橋一樹 (ID:V3gUBfT/X4k)

No.06954 投稿日時:2016-08-14 10:54:41

僕は中三です。昨日初体験してしまいました。
相手は付き合ってる彼女ではなく、彼女のお姉さんです。
結構歳が離れていて大学4年生です。
昼間彼女とデートして、家の近くで別れた後に駅前の本屋に行こうとしたら、丁度改札から出てきたお姉さんに「高橋くーん、久しぶり」って声かけられました。
お茶しようよって言われたので、付いて行ったんですが、お姉さんは彼氏と別れたんだとか。
でもって、エッチな話もいろいろきかせてくれて、あげくに「ねえ、麻美(付き合ってる彼女の名前です)とはもうエッチした?」って聞かれました。
「まだです」と正直に答えたら「中3のカップルだったら夏休みなんてヤリどきなのにー」と言われました。
「麻美さん、そういうのは受験済んでからって言ってるんで」と答えたら「そっかー、麻美、たぶんまだ処女だから固いんだねー。ねえ、お姉さん、今日は寂しいんだよね、高橋くん相手してよ。教えてあげるよ。」と言われてびっくりして、生唾飲んでしまいました。
返事をためらっているとお姉さんは僕のズボンの前を見て「体は正直。麻美にはだまっててあげる。」と言われてうなずいてしまいました。
そして二人で電車で10分ほど離れた駅の近くのホテルに行きました。

投稿者:鈴木 茂 (ID:I5EJQD/Y3kc)

No.06636 投稿日時:2013-10-13 12:07:31

自分の初体験は中学1年の夏休みの時でした。相手は同じアパートに住むおばさんでした。
おばさんは一人暮らしで、年齢は当時55歳(後日聞く機会があってわかりました)。自分が小学生だった頃からよく面倒を見てくれるおばさんでした。
その夏休み、かき氷を食べないかと誘われおばさんの部屋へ行った時のことです。おばさんのノーブラにTシャツ、ショートパンツという服装にドキドキしてしました。以前にも何度かそんな姿を見たこともあったのですが、数か月前に自分自身精通を迎えたこともあり、女性の体に強く興味を持ち始めた頃だったので非常に興奮しました。自分のきつめのGパンの股間はペニスの形がわかるほどになっていました。
かき氷を食べた後、おばさんが「暑いからシャワーを浴びよう。背中を洗って」と言いました。恥ずかしくて断ったのですが「女の人の裸、見たいでしょ」と言われ、結局その誘惑に勝てませんした。
最初おばさんに自分の体を洗われました。勃起したペニスの包皮を完全に剝かれました。その時にあえなく一度目の射精。上を向いていたペニスから放出した精液はおばさんの頭に真上から降りかかりました。おばさんは「気にしないでいいのよ」とか言っていましたが自分はとても恥ずかしかったです。
今度はおばさんを自分が洗いました。背中だけのつもりが結局全身を洗わせてくれました。胸や乳首を揉むように洗い、性器は言われるまま優しく洗いました。洗い終わるとおばさんは自分を部屋へ連れて行き「おばさんね、これをここに入れてほしくて我慢できないの。誰にも内緒にしてくれる?内緒にしてくれたらまた入れさせてあげるから」などと言って自分を仰向けに寝かせました。そして自分の体を跨いで体を落としてきました。初めての女性の膣圧はそれはそれは強烈で、あっという間に二度目の射精。挿入したまま少し間をおいてくれましたが勃起をしたままだったのでまたおばさんは腰を振り始めました。おばさんも15年ぶり(これも後日聞きました)のセックスだったそうで、この日、40歳以上も年下の12歳の自分に二度もいかされたそうです。
そのおばさんとはその後、自分が大学に入り東京で一人暮らしをするようになるまで続きました。初めての時は驚きと興奮で正直なところあまり感覚は覚えていません。でも夏休みが終わる頃には「気持ち良い」とはっきり言える様になっていました。

投稿者:国木栄太 (ID:5Coul673cxM)

No.06541 投稿日時:2013-04-23 23:43:55

「ここがオメコよ。見てみる?」少し顔を見ると怖く見えましたが「うん・・・」流コ先輩はパンツを脱ぎ、しゃがみこんで両手でオメコを開きました。初めて見るオメコはグロかたのを覚えています。「ここを舐めるの」「え・・・いいんですか?」涼子先輩の股間に顔を近ずけ匂いを嗅ぎ舌をはわせました。「気持いい・・・あ・・もっと・・・」言われるまま1時間ぐらい舐めたとおもいます「入れてみる?」「うん・・・」涼子先輩に導いてもらい一気にちんぽをいれました。なんて暖かく気持いいんだろ・・・はじめての私はすぐに中にいってしまいました。涼子先輩は怒らずに微笑んで「最初だからね」と言いいちんぽを咥えてしゃぶってくれすぐに気持良くなり涼子先輩の口の中に出してしまいました。何も言わずに私の精子を飲み「これで男になったね」うれしくもあり、恥ずかしい初体験は終わりました。

投稿者:国木栄太 (ID:5Coul673cxM)

No.06540 投稿日時:2013-04-23 23:27:02

はじめまして。私の初体験を書かせて頂きます。今から25年前ですが・・・入学して初めての夏休みはっきり言ってヤンキ~になっていた私は女性に興味があって仕方ない猿状態でした。彼女もいなく毎日オナニーにふけってました。夜、当てもなく一人でブラブラしていました。「栄太!」呼び止められ振り返ると1つ上の涼子先輩でした「どこいくの?」「暇だからぶらぶら」涼子先輩は「公園でも付き合う?」二人で公園のベンチで話し込んでいました。涼子先輩は巨乳で有名でした「栄太もうオメコした?」びっくりしましたが「ま・だした事ない」と言うと「さしてあげるよ・・・」股間が熱くなりました。「こっちにおいで」手をひかれ公園の隅に連れていかれいきなりキスされました。「胸もんで・・・」理性がふっとび乳首にむしゃぶりつきました。「あ・・・つぎはオメコをさわるの・・・よ・・・」ぎこちなく先輩のパンツに手を入れるとそこはヌルヌルになってました。

投稿者:くぅ (ID:sHf7m2YdQgE)

No.06520 投稿日時:2013-04-14 20:19:39

昨日のことなんですが。
初めて複数プレーをしました。
自分の妻が他の男性としている姿を見て。
我慢汁タレまくった。
初めはどなものか緊張しましたが。
日常では1回が限界。
ですが状況がかわればけっこう何回もできるんだなぁ。
なんていい経験しました。
普段は行為の最中に決まったアングルでしか見れない。
けど見る側最高にいいです。
読んでくれた方ありがとう。

投稿者:祐樹 (ID:QIe9YshZFgg)

No.00513 投稿日時:2013-01-06 01:24:58

中学2年のお盆の時、お婆ちゃんがうちに来た時の晩です。
部屋でテレビを見てたらお婆ちゃんが入ってきて何も言わずに僕の
股間に手を伸ばし、摩ってきました。婆ちゃんは「声出したら駄目」と言いながら段々と激しく揉んだり摩ったりしてきました。
次第に僕のチンコは固く勃起し、婆ちゃんはパジャマとパンツを脱がしました。そして、そのままフェラチオをしてきました。
年の功と初体験が重なってすぐに射精しました。婆ちゃんは僕の精液を美味しそうに飲み込みました。僕は理性が吹っ飛び、婆ちゃんに抱き付き服を脱がせ、キスし、乳首を吸い、マンコを触りました。婆ちゃんのマンコはしっとりと濡れていました。僕は無我夢中で婆ちゃんのマンコを舐め、69の体制で交互クンニフェラをしました。そして我慢できなくなり、婆ちゃんと生SEXし、中出ししました。長い時間、激しくキスをし、何度も婆ちゃんとSEXしました。翌朝、お婆ちゃんは何も無かった態度でしたが朝の散歩で一緒に公園に行き、人目に付かない茂みの中でSEXしました。
その後も時間がある時は婆ちゃんの家に行き、SEXをしてました。

投稿者:エッチ好き (ID:MBUBAAtwKiM)

No.00512 投稿日時:2012-11-13 16:15:51

結婚する前、結納(婚約)の日、前もって予約をしておき、通常は開店が朝10時なのですが、この日は特別に朝8時前に早くくる様に言われてました、毎月定期的に行っていた顔なじみの店でお姉さんが一人でやってました。
 店に入ると、カーテンを閉め入り口も鍵を掛け
「こっちにきて、今日は特別ね」
店の二階に案内され、部屋に入るとそこには布団が敷かれ、枕が二つ並び、枕元にはティッシュが置かれてました。
「私からのお祝いね」
お姉さんがジーパンを脱ぐと、ノーパンで、上に着ていた白衣も脱ぎ下は何もなくノーブラで、驚きました。お姉さんが布団に入り、私も急いで裸になって布団に入りました。
「秘密よ」
お姉さんのディープキスをしてから、私を抱き寄せ
「母乳はでないけどオッパイ吸って」
左右の乳首を含ませ吸わせ、お姉さんからのプライベートレッスンで、オマンコを舐めさせてもらい、69、騎乗位で挿入され、起き上がり座位でオッパイを吸い、お姉さんのリードで正常位にして突き上げ、精液を中出しでした、以前から私が店に来るときは、だいたい他のお客がいない時が多く、胸の前が大胆に開いて、谷間が見えたり、ノーブラの時もあったりしてブラウスの下にオッパイが透けて見えたりしてました。
いつかは、お姉さんと経験したいと思っていたのですが、本当に経験できるとは夢の様な出来事でした。その朝はお姉さんと2回戦に挑み、お姉さんもうっとりして喜んでくれました。
私の貴重な思い出となりました。

PAGE:1/16 THREAD:156(1-10)
< PREV123456789LAST
NEWS
2018-02-18 00:00:00

無修正動画
2017-09-26 00:00:00

女子高生動画
2018-02-03 00:00:00

素人動画